江差三下り

(歌川国丸) 30数年前江差追分に出会って間もない頃、もう一つの唄に出会いました。 「江差三下り」です。 レコードだかテープだかは忘れましたが、唄:土門譲 三味線:浜谷ヨシエのコンビで録音されたものを、江差追分同様それこそ擦り切れるまで聴いて…

歌詞考3

「鴎の鳴く音にふと目を覚まし あれが蝦夷地の山かいな」 現在、多くの人が好んで唄っている歌詞です。 教える方も統一した歌詞の方がなにかと都合がいいというのも爆発的な人気につながっている一因であろう。 人気に火をつけたのが誰なのかは残念ながらわ…

歌詞考2-3

野村 公氏が昭和39年12月に発表した『民謡「江差追分」の研究』の中で、興味ある説を述べております。 ーーーーーーーーーー 江差の歴史は漁業の歴史といわれ、江差の人達の生活は鰊漁を土台に営まれてきたのである。北海道の西海岸一帯は、もともと公開…

歌詞考2-2

忍路(追分節によりて其名天下に高し)大正九年四月鰊漁期 陸地左端の突起を兜岩と称す そもそも「〇〇はおよびもないが せめて〇〇まで」という言い回しは各地にあったわけで、なにも蝦夷地専売ではなかったのであります。 ♪ 田沼様には及びもないが せめて…

歌詞考2-1

(神威岩) 「忍路高島およびもないが せめて歌棄磯谷まで」 私が最も愛唱する歌詞です。 「鷗の鳴く音に~」が全盛の中で、何故にこの歌詞に惹かれるのか自分でも判然としないのですが、心を捉えて離さないその哀哀切々、男と女の情愛溢れる想いが何とも言…

歌詞考1

「色の道にも追分あらば こんな迷いはせまいもの」 森野小桃『江差と松前追分』 (明治43年) ーーーーーーーーーー 天保年間、我が江差の一芸妓が、計らず客の胤を宿して、それを苦に病み怏々として楽しからざる日をのみ送って居た。是より先、按摩の佐の…

特級編「止め」

以前「型より入りて型より出づる」という話の中で、型の中にあっても個性で聴衆を感動させる様な唄い方が今後は求められていくだろう、と言いました。その一つの例として今回は「止め」を取り上げてみます。 「止め」は四つということは決まっていますが、そ…

三位一体

私自身は尺八を吹きません。覚えようとしたこともありますが、三日坊主でおわりました。ただし、全国大会に何度か出場した折に多くの尺八伴奏を聴く機会があって、多少は耳が肥えてきたつもりです。特に決戦会に残るレベルの伴奏はさすがに上手な人が揃って…

追分セミナーに参加

追分セミナーには4回参加しました。 舞台であがる質なので度胸をつけるためと、江差の風に当たり、江差の匂いを嗅ぎ、江差の海を見たかったからです。鴎島から見る日本海は正に江差追分の海でした。 (江差町郷土資料館より)鴎島 遠くから行くとなると4泊…

追分再始動

追分会を脱会して30年、定年後に再び入会して思ったことは、なんとしても続けておけばよかったな~という後悔の念であります。いくらでも出た声はすっかりしゃがれ、息もたえだえの唄になっているのに愕然としました。なんせ3年じゃなく30年のブランク…

基本譜

現在用いられている譜面は、江差追分会師匠会の承認を経て、昭和49年(1974)に制定されました。 それ以前はというと、下の図に見られるような いわゆる「波状譜」が 使われていました。これは、古調追分と言われた時代に使われた譜面であり、いわゆる八つの…

海で唄う

私の住んでる家は海岸まで歩いても十五分位のところなので、よく散歩がてら海まで行きます。途中、海の手前に県立海浜公園があるので、中を一周歩いて海に出ます。 (県立辻堂海浜公園より富士を眺む) 祖父が漁師であったせいか、子供の頃にはよくこの浜辺…

江差追分事始め

私が最初に江差追分を耳にしたのは(その時はその唄が江差追分であることすら知らなかったわけだが)20代後半で、一時的に埼玉に住んでいた時です。 大学が埼玉にあって、卒業後もなすことなくアルバイトをしていた時期です。 そのアルバイト先の近くに料…

正調江差追分の唄い方4

(江差昔の街並み) 以上を踏まえて、さらなる情緒情感はいったいどのようにすれば出せるのであろうか。 ここから先は、初級、中級を脱した人向けの内容となろうか。 初級、中級を脱した人とは、基本となる八つの節・・・出だし、せつど、二声上げ(のし)、…

正調江差追分の唄い方3

ここで江差追分会師匠会の「江差追分のうたい方」を参考に、八つの基本の節についておさらいしておきましょう。これらの節は「七節七声」とともに正調江差追分のまさに正調の正調たる所以であります。 なを、基本譜等の図は、リンクをはっておきます。 http:…

正調江差追分の唄い方2

(明治中期から後期の鴎島ー関川家写真) ではその江差追分はどのように表現し、どのように唄ったらよいのでしょうか。 まずは、昔の人々の声に耳を傾けてみましょう。 追分節は遣る瀬なき断腸の想いを泣きて唄い、涙の声なれば、きわめて悲哀に、かつ滑らか…

正調江差追分の唄い方

(江差屏風) 土地の古老によれば追分は「人柄を聴くもの、一生が修行」だと言う。では人柄を聴くとはいかなることか。 人にはもってうまれた能力なり性格というものがある。身体の丈夫な人、虚弱な人、声の大きい人、小さい人、舞台であがる人、あがらない…

追分フリーク

古稀を記念してブログをはじめました。 早いもので江差追分を本格的に始めて通算10年になります。江差追分会に入ってからは7年になります。通算というのは間に30年のブランクがあるからです。その辺のことは追々語りたいと思います。 主に江差追分に関…