正調江差追分の唄い方

f:id:daaji:20170526205455j:plain

江差屏風)

 

 土地の古老によれば追分は「人柄を聴くもの、一生が修行」だと言う。では人柄を聴くとはいかなることか。

人にはもってうまれた能力なり性格というものがある。身体の丈夫な人、虚弱な人、声の大きい人、小さい人、舞台であがる人、あがらない人、気の強い人、弱い人、まさに十人十色、千差万別である。もちろん努力によって差を縮めることは可能だが程度問題である。能力は能力で大事だが、その人に備わっている、自然に感じ取られる性格や品格に比べれば大した問題ではないのではなかろうか。

人柄という言葉は悪い意味では使わない、「人柄がいい」とか「立派な人柄だ」という風に使う。つまり、人柄が表れるような追分を唄いなさい、それにはもうこれでいいという終点はないんだよといっているのであろう。

かつて追分セミナーに参加した時、小笠原次郎上席師匠の教室で指導を受けたことがあるが、そこで氏がいうには、どんな名人でもこの人は言うことがないという人は一人もいない。自分もいまもって納得のいく追分が唄えていない、ということを聞いて、これほどの人でもそうなのかと驚いたことがあった。かほどに奥が深い唄なんだな~とあらためて感じ入ったしだいである。 

 

 江差追分は古来、実にさまざまに表現をされている。そのいくつかを挙げるならば 

鎮魂歌

 

心沸き立つ魂の唄

 

悲痛人のはらわたを断つその曲調(河合裸石)

 

北海の荒波に調和する激越悲壮な曲(々) 

 

哀婉凄愴な調べの下に、人をして袖を絞らしめなければ止まぬ曲節(高野辰之)

 

曲の凄艶、調の哀傷は言わずもあれ、幽婉なる節廻し、纏綿の情緒、聴く者誰か、紛糾極まりなき憂世の煩患をも忘れて、断腸の泪に咽ばずには居られようか(森野小桃)

 

想うに此の一篇は純呼たる哀謡である。調の悲痛、曲の哀憐、纏綿の想――、縷々悉きざる万斛の涙が、其の背面に横溢して居る(々)

 

 其の詞、簡なりといえども、出妙深意、其の一端を引起せば、以て無窮の情あるを思わしむるに非ずや。而して況んや之に和するに三絃を以てす。唄高ければ則ち絃随て高く、歌低ければ則ち絃随て低し。宛転たる曲節、切々そうそう、恨むが如く訴うるが如し。真情の誠実なる所、感動誰かしょうしょう(=落涙)せざる者有らんや。『空語集』(松本十郎 

 

江差松前追分節は、その微妙な抑揚に、韻々たる余韻に、哀艶極まりなき歌の調律の、その底に深く流れる一種の蝦夷趣味が味われ、且又言語に言い尽せぬ懐古的情緒に浸り、遠き昔の深刻な劇的場面を髣髴たらしめるものがあります。

 蓋し凄愴哀艶限りなき江差松前追分節の音調は、人界を離れた北海の昔、衰運をかこつ敗民族と、愛欲を阻まれた若き血潮に燃ゆる人々との、天に地に慨き訴うる絶えざる忍び音であって、荒涼たる荒磯に囁く感傷的な波動から生まれたものであります。(石島鷗雅) 

 

明日の命もはかられない船子どもが、一夜の情に酔いしれて、想憐の女が唄う哀愁の籠った

  忍路高島およびもないがせめて歌棄磯谷まで

の唄に後朝(きぬぎぬ)の別離を惜しんだものであった。

 漂泊の子は心なき身にも哀愁を覚える黄昏頃、その悔恨の情は涙となって==沖をながめてほろりと涙==の唄のような悲痛な旋律、感傷的な気分は、深刻に心の底に食い入って、幽遠な情調に、心ゆくまで泣かされるのであった。

 秋の空のような澄み切った声で、この哀愁のこもる追分を歌うのを耳にしたならば、どんな歓楽の巷も一変して、䔥條たる晩秋の野を思わせる様な気分が占有してしまうほどに、追分は、情に育まれる人々を虜にしてしまうほど不思議な、謎のような、ある力をもっているこれが追分の生命と言っても好かろうと思う。(越中谷四三郎他)

 

 

 今の世に歌詞と声容と共に相たぐいて一喉鬼神を泣かしめ、二謡断腸の想あらしむるの歌は吾が江差追分をさしおきて他に求むるを得べきか、夕陽の奥尻島に没して水とりねぐらをいそぎ、帰帆鷗島にさしかかるころ切れんとして切れず、止まらんとして止まらず、静かに平鏡の海を渡り来る追分の声きけば、実に身も魂も恍惚として天外にあるが如き心地す。(藤枝夷山)

 

 私は、唄を唄う人は、母音の「ア」の音色が美しく作れる人は「名人」。「ア」と「オ」の双方が作れる人は「天才」と思っている。しかも「江差追分」は、酒・鷗・船乗り・男女の別れがそろった、演歌の要素をすべて揃えた、我が国最高の演歌とも言える。加えて、唄の節というものは、落としてくる個所で「哀れさ」「せつなさ」を「表現する。(竹内勉)

                              (続く)