歌詞考1

f:id:daaji:20170712123036j:plain

「色の道にも追分あらば こんな迷いはせまいもの」

 

 森野小桃『江差松前追分』 (明治43年)

ーーーーーーーーーー

 天保年間、我が江差の一芸妓が、計らず客の胤を宿して、それを苦に病み怏々として楽しからざる日をのみ送って居た。是より先、按摩の佐の市といふ者が、けんりょ節といふのを創作して、いろいろな新文句を作っていたが、此由を聞いて、直ちに「色の道にも」の歌を得た。是江差追分濫觴であると傳へられて居る。一篇の意は解釈するまでもなく、即ち、恋の道にも追分があったならば、こんな迷ひはしなかったものをーー詰り、餘り、深入りしたために遂に胤をまで宿し、線香は落ちる、働けない、誠に物憂い日をのみ送らなければならぬ場合に陥ったのも、恋路の闇に踏み迷った自分の誤り、もしも此の道にも、追分があったならば、こうして踏み迷ひはしなかったものをーーと嘆じたのだ。餘り知られていない唄だが、慥かに秀れた作である。

ーーーーーーーーーー

 ここではこの歌詞は佐の市の創作であるとしているが、本当のところはどうなんだろうか。

 

 民謡研究家の竹内勉氏がこの歌詞について湯朝竹山人が『歌謡集稿』でとりあげていることについての注釈として、
 ---------- 
 この歌詞については、私もあえて注釈を加えておく。江差では、「江差追分」が我が町で誕生したと思い込みたい人々が、いまだに寛政年間(1789~1801)に、座頭の佐ノ市が、南部津軽(現青森県)方面からやってきて、酒席を賑わしながら、「けんりょう節」(検校節が訛ったもので『越後松坂』のこと)を元にして、先の歌詞を唄い出したのが「追分節」(のちの『江差追分』の本唄のこと)の始まりで、開祖として祀りあげている。
 この話は、
  色の道にも 追分あらば
  こんな迷いは せまいのに

  あやこ(酌婦)よければ 座敷がもめる
  もめる座敷は けんりょ節
の二首を組み合わせての創作話である。佐ノ市が実在するかどうかの問題とは全く別の問題である。
 ----------

 と述べているが、湯浅竹山人が『歌謡集稿』でどう取り上げているかと言うと、信州追分節の列挙の中で、

ーーーーーーーーーー

「色の道にも追分あらば こんな迷ひはせまいもの」

  余りに人口に膾炙し過ぎるためこの唄なども粗末に思はれているけれど追分節として広く唱はれて来た。この一首が北海松前節にまで伝唱されているのが不思議なほどだ。北海道にこの「色の道」の文句が伝わっているという事実は信州追分節の北遷と何等かの推移交渉のあることかと推量もされる。

ーーーーーーーーーー

 と語っているところから参考にしていると思われるが、竹内氏が創作話だとしているのは多分、佐ノ市が天保の頃切石町の妓楼で、客の子を孕んだ女が苦しんでいるのを見て、同情してこの「色の道にも~」の唄を創作したといわれていることを言っているのであろう。

  しかしながら、信州追分節の伝播ルートは越後を経由した海上ルートの外に南部ルートも知られているわけで、南部津軽方面からやってきた座頭の佐ノ市がこの一首を引っ提げて蝦夷地にわたり、そこで開花させたと考えればなにも創作話だなどと言う必要もないわけであります。

 

 阿部龍夫氏などは、その著『江差追分其の他』(昭和28年)の中で、

ーーーーーーーーーー

 この唄が追分のはじめだと云われるのは、唄の中に追分といふ言葉があるためでありませうが、どうも内地出来らしい匂ひのする唄であります。

ーーーーーーーーーー

とオブラートに包んで述べております。北海道産というには詞が艶っぽすぎるということだろう。

 また、河合裸石氏は『蝦夷地は唄ふ』(昭和十年)の中で、

ーーーーーーーーーー

 信州の追分節から福山なり江差なりの追分節の歩いた道程を辿って見ると其節の変化が明らかに判るのである。いや節ばかりではなく歌詞までが輸入其儘を謡ふているなどはこの追分節が信州追分の産である事が証拠立てる。例えば、

   色の道にも追分あらば こんな迷いはせまいもの

などは信濃で出来た歌である。

ーーーーーーーーーー

と述べています。

 

 この歌詞が信州追分節としていつから唄われてきたのかは勉強不足でわかりません。

 文政五年(1822年)の『浮れ草』の中の「国々田舎唄の部」に追分節と思われる七首が載っているが、この中には「色の道にも~」は入っていないし、
 文久二年(1862年)の『粋の懐』第七編に「追分ぶし 二上がり」として四首上がっているが、この中にも入ってはいません。

 『歌謡集稿』が出版されたのが昭和六年、それ以前の大正十四年発行の『正調信濃追分』(矢ケ崎七之助編集)という冊子に、信濃追分節歌詞として50首ばかりの中に、この「色の道にも~」の歌詞が載せられています。 

 

f:id:daaji:20170715085335j:plain

(分去れ)さらしなは右 みよしのは左にて 月と花とを追分の宿