歌詞考3

f:id:daaji:20170722133855j:plain

「鴎の鳴く音にふと目を覚まし あれが蝦夷地の山かいな」

 

 現在、多くの人が好んで唄っている歌詞です。

 教える方も統一した歌詞の方がなにかと都合がいいというのも爆発的な人気につながっている一因であろう。

人気に火をつけたのが誰なのかは残念ながらわかりません。

   

  ♪ 鷗の啼く音にふと眼を覚まし あれは蝦夷地の島かいな 

               (大正9年『松前追分』古舘鼠之助)

  ♪ 鷗の鳴く音にふと目を醒まし あれは蝦夷地の山かいな

               (大正11年『正調江差松前追』」越中谷四三郎他)
  ♪ かもめの泣音にふとめをさます あれはえぞぢの山かひなぁ

               (大正14年『追分の研究』福田幸彦他)  

  ♪ 鷗の鳴く音にフト眼を覚まし あれが蝦夷地の山かいな

               (昭和11年『哀艶切々追分節の変遷』石島鷗雅) 

  ♪ 鴎の鳴く音にふと眼を覚まし あれが蝦夷地の山かいな

    蝦夷地の出稼の途中にある荒くれ漁夫も、明けても暮れても海又海の船旅にあ       きあきして鷗の鳴く音を聞いてふと眼を醒ましてあれが蝦夷地の山であらうか 

       といふ意。(昭和14年『正調追分節』三木如峰)     

  

  ♪ 鷗啼く音に、ふと眼をさまし あれが蝦夷地の山かいな

    越後越中などから、北海道へ出稼ぎに行った人たちの中には、妻子を伴った者    

      もあった。荒海の波にもまれ、船酔いに疲れて眠っていた妻が、俄かに騒がし   

    く聞こえる鷗の聲に、ふと眼をさましてみると、紫にかすんだ山影が彼方に見

    える。

    「あゝ、あれが松前かネ」と、思はず声を弾ませて、夫に訊くーーさうした情

    景をうたったものである。(昭和14年『追分の研究』高橋鞠太郎)

 

 大正8年の横田雪堂氏の『追分節の物語』には載っていない。この時期はまだあまり知られていなかったものか。

 追分に詳しい湯浅竹山人氏がこの歌詞を、その著作(小唄夜話大正13、小唄漫考大正15、歌謡集稿昭和6)で取り上げていないというか、載せていないというのはちと意外です。

 

 この歌詞の作詞者は今のところ特定されておりません。

 『風濤成歌』によれば、下の大正7年7月札幌富貴堂発売の『松前追分番付』が文献上最も早くに姿を現したようです。ただし一番下に位置し、当時は人気は低かったことがうかがわれます。

f:id:daaji:20170801101125j:plain

 

 弁財船に乗って、板子一枚下は地獄と言われる日本海の荒海を乗り越え、はるばる蝦夷地を目指してやって来て、もういい加減島が見えてきてもいい頃だと思っているある朝、鴎の鳴き声にふと目を覚まし、小手をかざして見るとかすかに陸地が眺められる。at last! ついに蝦夷地に着いたんだという、感動感慨を歌ったのがこの歌詞でしょう。